安静臥床は麻薬

医療国家資格を持つものとして断言します。

運動なしに治ることはありえません。

 

鎮痛剤を使えば一時の苦しさから解放されます。

それも大切な治療法ですが誤った使い方による副作用で亡くなる方は交通事故死のそれより多いと報告されています。

 

安静は麻薬と言うからには理由があります。

 

動かさなければ痛くないが、動けなくなるからです。

 

関節はギブスなどで1ヶ月動けないように固定し続けると、

もう二度と動かせない「拘縮」という状態に変化します。

 

拘縮になると、それが原因で活動量が下がり、痛みが出たり・・・と悪循環を引き起こします。

写真は末期の肺ガン患者様です。

「年をとったら運動しないと、すぐに死んでしまう。」と人工呼吸器をつけながら最期までやりとげました。

彼は当然のことながら自身の病状や余命を把握しています。

なぜなら、彼は今まで多くの肺ガンと戦ってきた外科医だからです。

Motion is life

Trails

Consectetur adipiscing elit. Inscite autem medicinae et gubernationis ultimum cum ultimo sapientiae comparatur.

Places

Mihi quidem Antiochum, quem audis, satis belle videris attendere. Hanc igitur quoque transfer in animum dirigentes.

People

Tamen a proposito, inquam, aberramus. Non igitur potestis voluptate omnia dirigentes aut tueri aut retinere virtutem.