運動の流れ

赤ちゃんは首も座っていない状態から、一年後には歩けるようになるまで成長します。

この間、赤ちゃんは順を追って少しづつトレーニングをしているのです。

 

我々おとなもそれに倣って体操します。

 

仰向けの運動

背骨や骨盤の姿勢を整えます。タオルを丸めて背骨の下にいれて運動します。

 

うつ伏せでの運動

腰の筋肉を伸ばしたり、背中やお尻など背面の筋肉を強化します。

 

座位での運動

ストレッチの基本となる姿勢です。頭から足先まで全てを動かします。

 

四つ這いでの運動

体幹のバランスや手足の筋力を養います。背骨を動かしたり固定したり・・・

 

膝立ちでの運動

不安定な姿勢でしなやかな動きが出来るように練習します。

 

立位での運動

タオルを青竹踏みの様に使いながら、歩行などの日常生活を美しく出来るようにします。

 

1時間かけて約120種類の運動を行います。

つらい・きつい運動ではありません。

お帰りの際は身体が軽くなっている運動です。