比較

比較

教育

あすなろの指導員は教員免許と医療資格を有しています。

そのためスポーツなど「教育」や「指導」を行うことができます。

楽しく学びながら放課後を有意義に使うことができます。

 

一方、小田原市が運営する放課後児童クラブのスタッフは教員資格者ではないので「教育」や「指導」を行うことができません。

子供たちは学校内で保護者の迎えが来るまで遊んで待ちます。


料金

行政が運営するクラブは月額7,000円に低く抑えられています。

18時から18時30分までの延長料金は、1回につき100円。

おやつ代は2000円程度となっています。

ただし、週に1回だけの利用でも月額7000円は変わりません。

 

合計すると通常は9000円程度。

毎日延長しても1万1000円と安く設定されています。

 

あすなろでは19時まで通常料金でお預かりします。基本料が5000円。

1日の使用量が500円。土曜や長期休暇中の午前中が300円と、

ご利用日数によってご利用料が変わる設定となっています。

 

平日の週3回(月12回)ご利用いただけた場合、

基本料5000円+利用料6000円で1万1000円となります。

たくさん通うと行政の放課後児童クラブよりも割高になってしまいます。